株式会社加積製作所

加積製作所について

『冷却器&冷却装置』の専門メーカーです

みなさんの暮らしに無くてはならない電気エネルギー。加積製作所がつくっているのは、その電気エネルギーを供給するための変電施設などで使われる「冷却器&冷却装置」です。
電圧を変えたり、「交流/直流」の変換時には、大量の熱が発生します。
この熱から変電機器・施設を守り、安定稼動させるために、冷却器や冷却装置(放熱器・ホウネツキ)はなくてはならないものです。

電力会社、電鉄会社で採用されています

加積製作所の冷却器&冷却装置は主に、
(1)電力会社の変電所
(2)JRや私鉄など電鉄会社の変電所
(3)工場やオフィスビルの変電所
など、日本中、世界中の高圧で大量の電力を扱う施設で使われています。

冷却器&冷却装置って何だろう?

加積製作所では、さまざまなタイプの冷却器&冷却装置をつくっています。
その中でも代表的な「パネルラジエーター」をご紹介しましょう。

図:ラジエータと変圧器本体発電所から電気エネルギーを送るための変圧器。変圧器本体のコイルに電流が流れると大量の熱が発生します。
この熱を吸収するため、変圧器本体は冷却用の油が満たされたタンクの中に沈められています。
発生した熱を吸収した油は、パネルラジエーターに送られ、そこで冷却され、再び変圧器のタンクへと循環していきます。このようにして、パネルラジエーターは変圧器の温度上昇をおさえ、安定稼働に役立っているのです。


●優れたパネルラジエーターを製作する為の技術ポイント

伝熱構造/プレス方式を採用することで伝熱面積を拡大し、さらに効率よく油の温度を下げられる伝熱構造を設計します。
溶接技術/自社設計の溶接設備を開発し、安定度の高い溶接条件を作り出すことで高効率でありながら信頼性の非常に高い溶接を行います。また超高電圧での使用に適応する異物を極限まで低減したクリーンな製品を作ります。

写真:パネルラジエータ大きなものは高さ数m。
加積製作所では、高さ5mという世界最大のパネルラジエーターも製作しました。